minivelo randonnee field

ミニベロ ランドナーに乗ってあっちへこっちへフィールドを探す自然派サイクリニスト。自然観察、登山、サイクリング、キャンプなどアウトドアの情報や体験記を紹介。

CarryME:小さな自転車には小さなサドルバッグがよく似合う

寒くなってくるとクリスマスモードになりますが、最近はハロウィンからクリスマスをとびこえて一気にお正月モードですね。クリスマスはどこへいったのでしょうか? クリスマスはAmazonのセールくらいですね💦


今回のCarryMEは、ADEPT ROLLUPをインストール🧐

以前、購入したADEPT ROLLUPがどこになおしたかわからくなり、結局Amazonのセールで買い直しました💦


過去ログ
randonneefield.hatenablog.com


目次

CarryMEにADEPT ROLLUP(アデプト ロールアップ)

■ABOUT

ADEPT
f:id:randonneefield:20211212185733j:plain
f:id:randonneefield:20211212205700j:plain
【ADEPT】ROLLUP (mont-bell)¥2160
サドルバッグ 0g - 71g 71gの重量化
[素材]樹脂製 Engineering plastic
[サイズ]0.65ℓ L55mm × W145mm / 60mm × H220mm
[カラー]ブラック / アッシュ / ペールレッド / ストレートネイビー
[重量]71g
Born in the USA
※メーカー公称70gですが、実測71gでした。

収納する内容によって拡張できる、サドルレールにストラップで取り付けるロールトップサドルバッグです。
https://adept-works.com/




■最初に

CarryMEの場合、フロントバッグをつければ輪行袋やサイクリングボトル、鍵も収納できるので、macpac Moduleを兼ねあわせれば8L+7Lでお出かけにはじゅうぶんなボリュームです。輪行時はフロントバッグにウエストバッグをいれて、展開走行時はウエストバッグをフロントバッグからだして肩からかけるスタイルですね。

ただ、用途によって、このツールはここに収納するなどわけたいもの。特にツールキットなど細々としたものは小さなサドルバッグに入れたいと思い、mont-bell のサイクリングコーナーで目にとまったのがADEPT ROLLUPでした。いわば、ADEPT ROLLUPの素材がmacpac Moduleにあっているので、コーディネートを考えれば、デザイン重視で購入しました。

ADEPTのサドルバッグですが、BROMPTON1号のサドルにしばらくつけたあと、rin project トラベルサドルバッグの底にちょうどはまるのですっぽりrin projectのなかにおさまっていました。

最近、CarryMEを眺めているうちに、ADEPT ROLLUPだとちょっとしたツールキットをいれて輪行して走行時はロールアップをひろげて携行食を入れるのもありかなと思って、試しに装着してみました。




■つけました

f:id:randonneefield:20211212205618j:plain
ADEPT ROLLUP 上から


f:id:randonneefield:20211212185819j:plain
ADEPT ROLLUP 下から


ADEPT ROLLUP サドル用ストラップとフラッシュライト用ストラップは取り外せます。


f:id:randonneefield:20211212190029j:plain
取り付けカンタン!
クルっと巻いてベルクロで留めます



■REVIEW

見た目はこんな感じに

f:id:randonneefield:20211212190144j:plain
ストラップをレールに通し


f:id:randonneefield:20211212190241j:plain
カチッととめたら


f:id:randonneefield:20211212190331j:plain
ストラップを調整して固定します


取り出しはファスナー
ベルクロ止め+止水ジッパー
f:id:randonneefield:20211212185934j:plain
f:id:randonneefield:20211212190108j:plain

クリップタイプのテールライトも…もし、あればつけれます。


f:id:randonneefield:20211212190443j:plain
ロールトップにはファスナーが付いているので、入れるものの量に合わせてロール具合を調整できます



CarryMEに装着

f:id:randonneefield:20211212191753j:plain
右側


f:id:randonneefield:20211212191822j:plain
f:id:randonneefield:20211212191846j:plain
折り畳んで輪行袋にもすっぽりはいります。



これだけはいります

CarryMEにかかわらず、移動時のメンテナンスはパンク修理が中心。

CarryMEのオーナーになってパンク修理は自分でできたほうがよいかと思います

パンク修理ができなくても、いざとなったら折り畳んで輪行というCarryMEだからこれ!というワザも使えます。

ツールはありませんが、これから揃えたりしますよ🎵というオーナー様の参考になればと思ったので、birdyのツーリングや普段のメンテナンスに使っているツールをまとめてみました😀

サイクリングなら必要最小限の工具を携帯するとよいかと思います。

CarryMEだからこれ!というツールではありませんが、これから揃えたりしますよ🎵というオーナー様の参考になればと思ったので、birdyのツーリングや普段のメンテナンスに使っているツールをまとめてみました😀


f:id:randonneefield:20211212190545j:plain
まとめてわけていれてます。mont-bellのアクアペル ビジブルバッグ0.3Lは透明な窓があるのでなかになにが入っているかわかるので便利。


f:id:randonneefield:20211214200830j:plain
中身はBROMPTONとCarryME、birdyのメンテナンスに必要最低限のツール
3M コンフォートグリップ グローブ
GOJOハンドクリーナータオル
PARKTOOL タイヤブート
PARKTOOL スーパーパッチ
⑤ mont-bell アクアペル ビジブルバッグ0.3L
TOPEAK Mini 20 PRO
SCHWALBE タイヤレバー
エンジニア ネジザウルス
SUN UP ショートコンビレンチ 10mm
SUN UP ショートコンビレンチ 15mm

パンク修理ならこれだけではなく、TOPEAK ミニ モーフ GにアダプターTOPEAK PRESSURE-RITEをあわせた空気入れセットも必要。サドルバッグには入らないのでフロントバッグにいれてあります。





■まとめ

見た目は小さくまとまってよい感じです。

スッキリ感をだすのと、輪行時にストレスを感じないようにするにはロールアップを拡張して使わないほうがよいかも

あえていえば走行時に拡張させてちょっと補給食をいれるくらいですかね。


ただし、走るとぶれます💦


ブログを書いていてなんですが、ちょこっと装着して、結果としてやはり重さを感じるのでCarryMEからはずしてbirdyにつけてます。パンクしたら時間をかけてパンク修理をしなくても輪行で帰ればよいだけだし💦


いまさらながらCarryMEはシンプルに限りますw


サドルバッグをつけてなにもいれないのもありかな🤔 CarryMEでやはり使えそうな気もするので、何に使えるか考えてみます🧐


関連書籍


タツミムック:birdy BOOK ザ・キングオブスポーツフォールディング、辰巳出版、2021年11月



星井 さえこ:おりたたみ自転車はじめました、KADOKAWA、2021年2月



こんちき:おりたたぶ、週刊少年マガジン、講談社、2020年7月



和田サイクル 技術監修、自転車日和編集部 編:BROMPTONメンテナンスブック 長く快適に付き合うために、辰巳出版、2020年8月



折りたたみ自転車で旅に出たくなる本 小さな自転車を大きく楽しむ! 、ヤエスメディアムック、八重洲出版、2020年2月



自転車キャンプを楽しむ50のヒント、ヤエスメディアムック、八重洲出版、2020年9月



自転車キャンプがよくわかる本、ヤエスメディアムック、八重洲出版、2019年6月



山と溪谷社(編)、自転車ツーリングハンドブック ツーリングの準備から実践までサイクリスト必携の一冊、2013年11月



田村 浩、バイクパッキング入門 自転車ツーリングの新スタイル、実業之日本社、2017年9月




折りたたみ自転車&スモールバイクCUSTOM2020 理想の愛車に仕上げよう! 、タツミムック、辰巳出版、2020年1月



自転車日和 For Wonderful Bicycle Life Volume 52 (2019夏) ちょっと気になる折りたたみ自転車、タツミムック、辰巳出版、2019年7月



自転車と旅 Vol.1 総力特集出発進行!「輪行」の旅、実用百科、実業之日本社、2010年5月

Spec

Folded:32cm(H) x 25cm (W) x 91cm(L)
フレーム:CarryME MATTE OLIEVE GREEN AIR TIRE
ハンドル:ERGON GS2 グリップ ブラック Lサイズ
ホイール:Pacific CARRYME alloy forged rim, Reat w/integrated Drum Brake
フリーホイール:Pacific CARRYME 14T freewheel
フレーム:Pacific CARRYME AL7005 w/ trolley wheels
フロントフォーク:Pacific CARRYME AL7005 
ステム:6061T6 telescopic 350mm anodized
カセット:Pacific CARRYME 14T freewheel
BB:SHIMANO SM-BBR60 68mm
クランク:SHIMANO SORA FC-R3000-CG クランクセット 50/34T 2x9S 165mm
チェーンリング:Multi-S 92Tチェーンリングセット
レバー:SHIMANO SORA BL-R3000 ブレーキレバー 左右レバーセット
ブレーキ:F: DIA COMPE BRS101 キャリパーブレーキ ナット式 ブラック / R: Sturmey Archer Drum Brake
タイヤ:Maxxis 8"x1-1/4 80psi
サドル:BROOKS CAMBIUM ALL WEATHER C17
シートポスト:Pacific FM-260D black Promax SP-222 31.6x365mm anodized
シートポストクランプ:KCNC シートポストクランプ MTB QR SC12 シルバー34.9mm
ペダル:MKS FD-7 折り畳み式ペダル 左右セット ブラック
重量 8.6kg→9.7kg


参考 CarryME関連メーカーの公式ホームページ

【Pacific Cycles Japan】https://pacific-cycles-japan.com/carryme/index.html
【Joseph Kuosac】 https://josephkuosac.com/
【松村鋼機】 https://www.matumura-kohki.co.jp/
【KMC】 http://mgc01.com/kmc/
【KCNC】 https://www.riteway-jp.com/pa/kcnc/
【Carbon Dry Japan】 https://carbondryjapan.com/
【三ヶ島製作所】 https://www.mkspedal.com/
【SCHWALBE】 http://www.g-style.ne.jp/brand_detail.php?id=16
【GOKISO】 http://www.gokiso.jp/
【Chris King】 https://sim-works.com/chrisking
【ROTOR】 https://www.diatechproducts.com/rotor
【三ヶ島製作所】 https://www.mkspedal.com/
【ERGON】 https://ergon-bike.jp/
【BROOKS】 https://www.brooksengland.com/
【ミノウラ】 http://www.minoura.jp/
【TOGS】 http://altbikes.jugem.jp/?eid=1060#gsc.tab=0
【GARMIN】 https://www.garmin.co.jp/
【ミノウラ】 http://www.minoura.jp/
【BROOKS】 https://www.brooksengland.com/
【TNI】 http://www.trisports.jp/?q=brand/node/3085
【和光ケミカル】 https://www.wako-chemical.co.jp/
【ParkTool】 https://www.hozan.co.jp/parktool/
【TOPEAK】 https://topeak.jp/
【CAMELBACK】 https://www.riteway-jp.com/pa/camelbak/bottle.html
【kleankanteen】 https://www.kleankanteen.jp/
【ABUS】 http://www.diatechproducts.com/abus/
【Knog】 http://www.diatechproducts.com/knog/
【CATEYE】 https://www.cateye.com/jp/
【rinproject】 https://www.rinprojectshop.com/
【CHROME】 https://www.chromeindustries.jp/
【STEMDESIGN】 https://www.stem-design.net/
【KAPELMUUR】 https://www.wave-one.com/shop/sp/



最後にクリックしていただけたら嬉しいです


にほんブログ村 アウトドアブログへ