minivelo randonnee field

ミニベロ ランドナーに乗ってあっちへこっちへフィールドを探す自然派サイクリニスト。自然観察、登山、サイクリング、キャンプなどアウトドアの情報や体験記を紹介。

CarryME:シートポストの交換

週末のUberEatsランチ。

配達する人の移動もGPSでチェックできるので着きそうな頃に玄関で待機してます(笑) で、マクドナルドのスマイル¥0を調子に乗って20個オーダーしたら、あれっ?ない…💦 伝票にはスマイル20個の印字。ハンバーガーを食べながら袋をながめていたら小さなスマイル🙂を発見。🙂横に ×20 とだけ描いてありました。という週末の出来事です。

f:id:randonneefield:20211211194803j:plain


CarryMEのカスタムもスマイル🙂を探すようにまだやってます😀 今回のカスタムは、カスタマイズできるとこでも残っていた大物、シートポストをインストールしました🧐一瞬、お財布が即死しそうになりましたが、

なんとか即死はまぬがれました

過去ログ
randonneefield.hatenablog.com


目次

シートポスト

■ABOUT
THOMSON
f:id:randonneefield:20211213211513j:plain
f:id:randonneefield:20211213211538j:plain
【THOMSON】ELITE 31.6mm/367mm (Amazon)¥12100
シートポスト400g - 223g 177gの軽量化*1
[素材]7000 series aluminum*2
[サイズ]27.2mm / 29.8mm / 30.9mm / 31.6mm Straight / Setback
[長さ]250mm / 330mm / 367mm / 410mm
[カラー]Black / Silver
[重量]243g(30.9mm 367mm) 263g(30.9mm 410mm) 223g(31.6mm 367mm)*3 247g(31.6mm 410mm)
シートポストはTHOMSON!
Ronnie Thomsonによって創設されたTHOMSONはパーツメーカーとして30年以上の実績を持つアルミ素材と躯体強度計算のスペシャリスト。航空機の基幹パーツ製造でこれまで培ってきた膨大なノウハウと情報を活かしてた自転車パーツの素材と精度は、素材の使い方、活かし方にこだわることで、使う人により良い商品を提供します。Elite Seatpostは、7000番系アルミのインゴットから押し出されたパイプをCNC加工によって切削してシートポストへと成形したBorn in the USAの逸品。

http://www.mizutanibike.co.jp/?allbrand=thomson



■なぜTHOMSON?

オリジナルのシートポストですが、2ヶ月ほど転がしてデザインというより質的に不満が出てきました。折り畳むことが多いのでシートポストを触るのが必然的にほかの折り畳み自転車より多くなるからでしょうか?


気に入らなければ交換すれば良いのですよ


過去にカスタムをされた人のネタをチェックしてたらCarryMEのシートポスト径は31.6mm、長さが350mm*4。ぶっちゃけ、これにあうシートポストならよいと言う話。ながければシートポストをカット✄ 最近カットにトラウマがあるのでシートポストの長さそのものを検索していたら


シルバーって地味にない
ブラックばかり


オリジナルをあまり変えたくないのでシルバーの350mmをさがしていたところで行き着いたのが、財布が即死しない程度で、THOMSON ELITE 31.6mm/410mmなのですが、


410mm 60mmカットしなければ…
めんどくさい💦


もう少し探してみたら、KCNC TIプロライト 27.2mm/400mmがありましたが、50mmカットして31.6mm→27.2mmのシートポストシム をかませなくてはいけないので…


もっとめんどくさい💦


なので、カットしなくてそのまま使えるTHOMSON MASTERPIECE 31.6mm/350mmがよいかと思ったのですが、お財布が即死してしまいます*5。さらに、軽くなるけど、その分薄くなるということで耐久性に疑問も出てきました。で、同じTHOMSON ELITEで、THOMSON ELITE 31.6mm/367mmにたどり着いた次第。


367mmですから 仮にCarryMEにあわなかったらそのときは17mmカットすればよいので…*6


しかもTHOMSON ELITE 31.6mm/410mmより¥1000くらいお得。




■CarryMEに装着するまで

シートポストのカスタム自体、他の車体ではたいしたカスタムではありませんが、CarryMEでは オオゴト💦 実際に、このカスタム、かなり考えました。場合によっては加工も必要なカスタムになります。あっ、加工する場合は自己責任で🤔

f:id:randonneefield:20211213211619j:plain
THOMSON ELITE 31.6mm/367mmです! シートポストは…使い道がわかりませんが、カッコイイ袋に入ってます。→とりあえずシートポストを交換したら純正のシートポストをこの袋にいれときました🤗

シートポストをカスタムすると問題は折り畳む時にシートポストをフレームに固定するフックがなくなってしまうのですが、僕の場合は最初からサドルをハンドルで固定させるだけで、フックを使っていなかったので移植しなくても問題なし。フックを使わないと若干折り畳みサイズが高くなるけど一応輪行袋にすっぽりはいる*7*8


f:id:randonneefield:20211213212003j:plain
THOMSON 言われれば367mmっぽい

f:id:randonneefield:20211213212031j:plain
純正 これまた言われれば365mmっぽい

f:id:randonneefield:20211213213727j:plain
長さを確認。なんとなく…ぽくないですか?🤭


なので、


f:id:randonneefield:20211213222908j:plain
f:id:randonneefield:20211213222940j:plain
パイプカッター糸鋸の出番はありませんでした✌️ もちろん、粗目の紙ヤスリで切断面を整えるという作業もナシで🙆


カット✄の工程をカットできたw


f:id:randonneefield:20211213212701j:plain
断面をみてみた。
明らかに力がかかならい横方向は薄くて荷重の掛かるフロントとリア側が肉厚となった楕円の構造でした*9


f:id:randonneefield:20211213212727j:plain
見比べるとわかりますね。ちなみにオリジナルのシートポストは真ん丸です。


ただし、


THOMSONにシートポストのエンドキャップはついていない💦
f:id:randonneefield:20211213211918j:plain
純正のエンドキャップはあいません*10。同じように移植するパーツではフックもあるので、フックを移植しようかというカスタム欲が脳裏をかすめたのですが…


f:id:randonneefield:20211213223818j:plain
【PacificCycles Japan】CarryME Seat Hook(CSO Folding) ¥1265
フック 1.2g 1.2gの重量化 222g+1.2g=223.1g
シートポストとロングステーを固定する為のフックです
純正のシートポストに付属しているフックは1.2g。いままでにつかったことがありませんが、これをショップに工賃をだしてまで移植するかどうかは悩むところ🤔 いわゆるカスタム欲というだけ…*11


f:id:randonneefield:20211213212137j:plain
純正は388g*12


結果、166gの軽量化✌️


シートポストにBROOKSを装着します。


f:id:randonneefield:20211213223143j:plain
BROOKS CAMBIUM ALL WEATHER C17


f:id:randonneefield:20211213223056j:plain
まず、シートポストをはめ込みます。


f:id:randonneefield:20211213212221j:plain
THOMSONのシートポストは前後がありますが、"FRONT"と表示があるので取り付け方向は間違えないです。


f:id:randonneefield:20211213212258j:plain
前後のボルトを緩めて、


f:id:randonneefield:20211213212336j:plain
前側からシートを装着させます。


f:id:randonneefield:20211213212357j:plain
レールにはめ込むように、スライドさせる。この作業何回やっても慣れないんですよね😑


f:id:randonneefield:20211213212428j:plain
サドルをはめたらポジションだしをしてボルトを仮止めします。


f:id:randonneefield:20211213223421j:plain
水準器を使って角度を調整して、ボルトを締めます*13。CarryMEは普段使いなので水平にあわせました。





■REVIEW

f:id:randonneefield:20211213224523j:plain
7000番台アルミだけあって、軽量なのに重厚感。ヤル気モードバツグンです🤩


f:id:randonneefield:20211214223606j:plain
球面ワッシャーと、座面にテーパーの付いたスチールボルト2本のタイプ。サイズはワッシャーが長さ15.5mm×直径8.5mm、ボルトが30mm/M5、重量が約20g/セット です。


f:id:randonneefield:20211214224058j:plain
f:id:randonneefield:20211214223853j:plain
ヤグラはサドルレールを前後の2本のボルトで締めるタイプ。ガッツリBROOKSのレールを包み込んでます。


f:id:randonneefield:20211214223659j:plain
微妙な調整が可能で、多様な角度調整ができます。


f:id:randonneefield:20211214223743j:plain
もちろん、質感は申し分ないです。お触りするだけではなく、アツイ抱擁をしてしまいたくなります🥰


f:id:randonneefield:20211214205906j:plain
装着しました。


f:id:randonneefield:20211214205634j:plain
取り付けてみると、こんな感じです。オリジナルをほとんど壊さずにカスタムできました。ブラックになったのはチェーンリング、クランク、フロントキャリパーブレーキくらいです。


ついでに


あまりシートポストクランプのトルクを締め付けなくてもずり落ちない*14


シートポストもシルバーでカッコイイ😎



■まとめ

オリジナルの雰囲気を壊さずにカスタムできました。


CarryMEのカスタムとしては


あしまわりはBB、クランク、チェーンリング、フロントブレーキくらいです*15

サドル、ハンドルグリップ、リアキャリアをつけるくらいで、あとは今回のシートポストを交換するとカスタムが終わってしまいます。

CarryMEのカスタムで意識したことは、とりあえずオリジナルを壊さないこと。

シートポストも本当はブラックが似合いそうなのですが、そうなるとステムとハンドルもブラックに塗装しなければシートポストがういてしまいます。


折り畳みの構造上かなりしばりがありましたが、沼にハマらずに思い通りのカスタムができたかと思います。


シートポストはTHOMSONか、THOMSON以外か!


あとは抹茶太郎君を転がすだけ🤣



f:id:randonneefield:20211214010155j:plain


関連書籍


タツミムック:birdy BOOK ザ・キングオブスポーツフォールディング、辰巳出版、2021年11月



星井 さえこ:おりたたみ自転車はじめました、KADOKAWA、2021年2月



こんちき:おりたたぶ、週刊少年マガジン、講談社、2020年7月



和田サイクル 技術監修、自転車日和編集部 編:BROMPTONメンテナンスブック 長く快適に付き合うために、辰巳出版、2020年8月



折りたたみ自転車で旅に出たくなる本 小さな自転車を大きく楽しむ! 、ヤエスメディアムック、八重洲出版、2020年2月



自転車キャンプを楽しむ50のヒント、ヤエスメディアムック、八重洲出版、2020年9月



自転車キャンプがよくわかる本、ヤエスメディアムック、八重洲出版、2019年6月


山と溪谷社(編)、自転車ツーリングハンドブック ツーリングの準備から実践までサイクリスト必携の一冊、2013年11月



田村 浩、バイクパッキング入門 自転車ツーリングの新スタイル、実業之日本社、2017年9月




折りたたみ自転車&スモールバイクCUSTOM2020 理想の愛車に仕上げよう! 、タツミムック、辰巳出版、2020年1月



自転車日和 For Wonderful Bicycle Life Volume 52 (2019夏) ちょっと気になる折りたたみ自転車、タツミムック、辰巳出版、2019年7月



自転車と旅 Vol.1 総力特集出発進行!「輪行」の旅、実用百科、実業之日本社、2010年5月

Spec

Folded:32cm(H) x 25cm (W) x 91cm(L)
フレーム:CarryME MATTE OLIEVE GREEN AIR TIRE
ハンドル:ERGON GS2 グリップ ブラック Lサイズ
ホイール:Pacific CARRYME alloy forged rim, Reat w/integrated Drum Brake
フリーホイール:Pacific CARRYME 14T freewheel
フレーム:Pacific CARRYME AL7005 w/ trolley wheels
フロントフォーク:Pacific CARRYME AL7005 
ステム:6061T6 telescopic 350mm anodized
カセット:Pacific CARRYME 14T freewheel
BB:SHIMANO SM-BBR60 68mm
クランク:SHIMANO SORA FC-R3000-CG クランクセット 50/34T 2x9S 165mm
チェーンリング:Multi-S 92Tチェーンリングセット
レバー:SHIMANO SORA BL-R3000 ブレーキレバー 左右レバーセット
ブレーキ:F: DIA COMPE BRS101 キャリパーブレーキ ナット式 ブラック / R: Sturmey Archer Drum Brake
タイヤ:Maxxis 8"x1-1/4 80psi
サドル:BROOKS CAMBIUM ALL WEATHER C17
シートポスト:THOMSON ELITE 31.6mm/367mm
シートポストクランプ:KCNC シートポストクランプ MTB QR SC12 シルバー34.9mm
ペダル:MKS FD-7 折り畳み式ペダル 左右セット ブラック
重量 8.6kg→9.7kg


参考 CarryME関連メーカーの公式ホームページ

【Pacific Cycles Japan】https://pacific-cycles-japan.com/carryme/index.html
【Joseph Kuosac】 https://josephkuosac.com/
【松村鋼機】 https://www.matumura-kohki.co.jp/
【KMC】 http://mgc01.com/kmc/
【KCNC】 https://www.riteway-jp.com/pa/kcnc/
【Carbon Dry Japan】 https://carbondryjapan.com/
【三ヶ島製作所】 https://www.mkspedal.com/
【SCHWALBE】 http://www.g-style.ne.jp/brand_detail.php?id=16
【GOKISO】 http://www.gokiso.jp/
【Chris King】 https://sim-works.com/chrisking
【ROTOR】 https://www.diatechproducts.com/rotor
【三ヶ島製作所】 https://www.mkspedal.com/
【ERGON】 https://ergon-bike.jp/
【BROOKS】 https://www.brooksengland.com/
【ミノウラ】 http://www.minoura.jp/
【TOGS】 http://altbikes.jugem.jp/?eid=1060#gsc.tab=0
【GARMIN】 https://www.garmin.co.jp/
【ミノウラ】 http://www.minoura.jp/
【BROOKS】 https://www.brooksengland.com/
【TNI】 http://www.trisports.jp/?q=brand/node/3085
【和光ケミカル】 https://www.wako-chemical.co.jp/
【ParkTool】 https://www.hozan.co.jp/parktool/
【TOPEAK】 https://topeak.jp/
【CAMELBACK】 https://www.riteway-jp.com/pa/camelbak/bottle.html
【kleankanteen】 https://www.kleankanteen.jp/
【ABUS】 http://www.diatechproducts.com/abus/
【Knog】 http://www.diatechproducts.com/knog/
【CATEYE】 https://www.cateye.com/jp/
【rinproject】 https://www.rinprojectshop.com/
【CHROME】 https://www.chromeindustries.jp/
【STEMDESIGN】 https://www.stem-design.net/
【KAPELMUUR】 https://www.wave-one.com/shop/sp/



最後にクリックしていただけたら嬉しいです


にほんブログ村 アウトドアブログへ

*1:後述のとおり実際は388g-222gでしたので166gの軽量化でした。

*2:外部リンク:https://www.nichiatu.co.jp/media/alminium/a2

*3:メーカー公称223gですが、実測222gでした。

*4:メーカーでは31.6x365mm。重量も一応計測したところ388gでした_φ(・_・

*5:2021モデルの場合、365mm長ですので350mmでは短いとわかりました⚠

*6:純正は実測365mmですのでカットしなくてもそのまま使えました。

*7:rin projectのサドルバッグを使用

*8:なぜ、フックを使わないかというと、サドルをBROOKSにカスタムしているせいでフックを使うと折り畳み時の高さは抑えられるけどサドルが右になって輪行袋にはいらない。フックなしで折り畳むことに慣れているのでフックの移植をしないことにしました

*9:Masterpieceの場合、厚さはさらに薄くなっているので軽量化している分強度はEliteよりも劣るのでEliteは体重制限がありませんが、Masterpieceは約90㎏の体重制限があります。単純に軽いからといってMasterpieceを選ぶのではなく、自分の体重や走るシチュエーションなどを考慮して選んだほうが懸命ですね。

*10:エンドキャップはCarryMEを展開してシートポストをストンと落とした場合にフレームをキズつけないようにする役割があるかと思います。一方で折り畳み時は15mmくらいの余裕がありましたのでエンドキャップはよいかなという結論です。

*11:取り寄せれば¥1265はかかる1.2gなので、とりあえず使わないと損と思いましたが、結局、フックは移植せず、エンドキャップは諦めたのでTHOMSONはそのままの重量222gをキープ。¥1265 1.2g は気にしますが…

*12:付属品をのぞいた重量です。

*13:このスチール製のボルトですが、レビューではネガティブに指摘されているようです。

*14:真円に近ければ近いほどシートチューブと接地面積が増えるので、固定力は高くなります

*15:フロントとリアフレーム内蔵ベアリングをセラミックに交換することもできます。