minivelo randonnee field

ミニベロ ランドナーに乗ってあっちへこっちへフィールドを探す自然派サイクリニスト。自然観察、登山、サイクリング、キャンプなどアウトドアの情報や体験記を紹介。

birdyにBROOKSのサドルはよくはまりますよ~

コロナ渦で海外製品は生産が伸び悩み、自転車が見直されてますよね。車体もパーツもショップにいってもほしいものがあればラッキーで、ないなら入荷時期不明なのが続いてます。貢ぎ先のGOCYCLEでもブルックスはかなり品薄でしたが、たまたまブルックスがまとまって入ったという情報をキャッチして、いつもの押し売りではなく、率先して貢いできました(笑)

目次

ブルックス

ブルックスは、John Boultbee Brooksがイギリスバーミンガムで1866年に創業したサドルメーカー。初期のブルックスは馬の鞍や皮革製品を扱うメーカーでした。しかし、創業者の愛馬が死んだことで彼が友人から自転車を借りたところ、当時の木製サドルが非常に不快であったことから革製サドルを考案したことを転機に自転車のサドルを提供し始めたところで、乗り心地の良さが絶賛されました。ブルックスは品質を第一に考え、創業150年を超えた今でも昔ながらのハンドメイドによる製法で、 非常に美しいサドルやバッグ他のアクセサリーを作り続ける老舗としてその名声はいまもなお受け継がれています。

f:id:randonneefield:20210418160027j:plain
http://www.hinckleypastpresent.org/jbbrooks.html
John Boultbee Brooks
JB Brooks & Coを1866年に創設したJohnBoultbee Brooksは、ヒンクリーで生まれ育ち、創業150年を迎えた現在もなお高品質な自転車用サドルを製造しています。

www.diatechproducts.com


カンビウム

f:id:randonneefield:20210418170521j:plain
オールウェザーC17
ショップでは立派な箱に入っていましたが、箱は要らないのでショップにおいてきましたw



f:id:randonneefield:20210418170607j:plain
バックからみると
BROOKSのロゴがカッコいい‼️



f:id:randonneefield:20210418170717j:plain
C17
リベットボルトにさりげない型番



ブルックスのサドルといえばレザーサドルですね。ブルックスなのにレザーではなくカンビウムは、硬化天然ゴムベースで座ったときにハンモック効果をねらっています。レザーサドルとは違い、オイルを塗ってなじませたりする必要はありません。



f:id:randonneefield:20210418170333j:plain

天然ラバー
従来のカンビウムはオーガニックコットン。オールウェザーのカンビウムはファイバーグラスバックプレート。カンビウムはレザーサドルとは違い、オイルを塗ってなじませたりする必要はありません。



f:id:randonneefield:20210418170307j:plain

裏側から
前端と後端で支えるだけで坐骨のラインには支柱がありません。効果天然ゴムベースはハンモックのような絶妙なしなりを生み、路面からの衝撃を大幅に吸収してくれます。しかもメンテナンスフリー。柔軟性とブルックス伝統の長期使用を可能にしたサドルです。



ちなみに、モデルごとに参考のシーンをまとめてみました。

  • C13 (ROAD & MTB) 背中角度45° …カーボンレール仕様で大幅な軽量化を図った軽量バージョン。幅は132mm~3タイプあります。前傾姿勢を意識したナロー幅のロード・MTB向けモデル
  • C15 (ROAD & MTB) 背中角度45° …幅は140mmで前傾姿勢を意識したナロー幅のロード・MTB向けモデル
  • C17 (TOURING & TREKKING) 背中角度60° …幅が162mmでオールラウンドに使える街乗り・ツーリングモデル
  • C19 (CITY & HEAVY DUTY) 背中角度90° …幅が185mmとかなりワイドでアップライトなポジションに対応するワイド幅モデル

C15はレーシーな走りには向いていていくら踏み込んでもストレスフリーですが、ハンモック効果は薄いように感じます。ロングライドならC17がいちばんでお尻にやさしい感じがして、100km以上ぐいぐいいけます。

やや前傾姿勢で乗る場合や、birdyやブロンプトンに付けるなら真ん中のC17がおすすめ。


インストール前

f:id:randonneefield:20210418165312j:plain
インストール前
ラディウスはラディウスでデザインはよいのですが、ロングライドだとお尻が滑るし股ズレにも悩まされていたのでブロンプトン1号、2号ともに結局ブルックスに変えました。birdyにつけたfabricは、まあ、つけるのがないので押し入れから引っ張りだしてきてbirdyにインストールしただけです。


birdyに最初にインストールしたのはfabricのサドル。fabricはブロンプトンCPT3にオリジナルサドルがインストールされてますよね。これは、余っていたサドルをインストールしただけで、ラディウス→ライン→ラディウスに変えて現在にいたります。


ブルックスサドルの取り付け

f:id:randonneefield:20210418165344j:plain
まずはサドルを取り外し
取り付けも取り外しも5mmアーレンキーを使うだけ

なにか特別なことはありません簡単な作業です🤭


サドルの調整

サドルの取り付けで重要なのはここからです✏️

f:id:randonneefield:20210418182649j:plain
最初に中心位置にあわせる
ブルックスに限ることではありませんが、ここからは調整についてです。まず、中心位置ですが、基本はサドルの中心がシートピラーの中心に来るように設置します。この時はしっかり締め付けず、若干ゆるめでサドルを前後に動かせるくらいに締めておきます。



f:id:randonneefield:20210418170211j:plain
前より
サドルを前に出すとアップライトな姿勢になります。→ブロンプトンの出荷時はこの位置ですね🤔



f:id:randonneefield:20210418170145j:plain
後より
サドルを後にだすと前傾姿勢になり、高速走行向け。僕は後よりにしてます。



f:id:randonneefield:20210418171102j:plain
次に水準器を使って角度を調整します
基本はサドルの座面が水平になるように設定します。前方を1~2°下げると股部分の圧迫感が和らぎます。よくロードにみかける下げすぎをいきなりするのはやめといたほうが無難ですので初心者🔰の皆様は1~2°にとどめておきましょう。



f:id:randonneefield:20210418165658j:plain
完了
角度、前後位置の調整が終わったらボルトを本締めして調整完了となります。



雨や汚れを気にせず使えるので、キャンプツーリングなどにもおすすめですよ。もっぱら僕は自転車をメンテナンスするときなオールウェザーのほうが楽だからという理由で選んでます。メンテナンスについての記事はいつか書こうと思います😀



関連書籍


星井 さえこ:おりたたみ自転車はじめました、KADOKAWA、2021年2月



こんちき:おりたたぶ、週刊少年マガジン、講談社、2020年7月
(3巻セット)



和田サイクル 技術監修、自転車日和編集部 編:BROMPTONメンテナンスブック 長く快適に付き合うために、辰巳出版、2020年8月



折りたたみ自転車で旅に出たくなる本 小さな自転車を大きく楽しむ! 、ヤエスメディアムック、八重洲出版、2020年2月



自転車キャンプを楽しむ50のヒント、ヤエスメディアムック、八重洲出版、2020年9月



自転車キャンプがよくわかる本、ヤエスメディアムック、八重洲出版、2019年6月



山と溪谷社(編)、自転車ツーリングハンドブック ツーリングの準備から実践までサイクリスト必携の一冊、2013年11月



田村 浩、バイクパッキング入門 自転車ツーリングの新スタイル、実業之日本社、2017年9月



折りたたみ自転車&スモールバイクCUSTOM2020 理想の愛車に仕上げよう! 、タツミムック、辰巳出版、2020年1月



自転車日和 For Wonderful Bicycle Life Volume 52 (2019夏) ちょっと気になる折りたたみ自転車、タツミムック、辰巳出版、2019年7月



自転車と旅 Vol.1 総力特集出発進行!「輪行」の旅、実用百科、実業之日本社、2010年5月

Spec

Folded:60cm(H) x 34cm(W) x 72cm(L)
フレーム:birdy monocoque
ハンドル:SHIMANO PRO LT コンパクト ハンドルバー 31.8mm 420mm
ヘッドセット:internal 1-1/8" I/D 44㎜
リム:Alex DA16i
フロントハブ:birdy alloy hub 24H
リアハブ:Shimano 36H
フリーホイール:Shimano CS-HG400 11-32T
BB:integrated 68㎜
クランク:birdy
チェーンリング:Chainring Set 56T
リアディレーラーSHIMANO Sora GS 9S RD-R3000
シフター:SHIMANO STIレバー SORA ST-R3000
ブレーキレバー:Shimano BL-R3000
ブレーキキャリパー:SHIMANO ULTEGRA BR-R8000 リア用
タイヤ:Schwalbe Kojak 18x1.25
サドル:BROOKS Cambium C15 All Weather
シートポスト:Alloy post 34.9×565㎜
ペダル:MKS UB-LITE Ezy ブラック
重量(ペダルは含まず)9.87kg

参考 birdy関連メーカーの公式ホームページ

【Pacific Cycle Japan】 https://pacific-cycles-japan.com/birdy/air.html
【SHIMANO】 https://bike.shimano.com/
【KAMOYA】 https://www.kamoya-ne.com/
【KMC】 http://mgc01.com/kmc/
【KCNC】 https://www.riteway-jp.com/pa/kcnc/
【三ヶ島製作所】 https://www.mkspedal.com/
【Joseph Kuosac】 https://josephkuosac.com/
【PRO】 https://www.pro-bikegear.com/
【GUEE】 https://guee.jp/
【CICLOVATION】 https://www.actionsports.co.jp/ciclovation.php
【GARMIN】 https://www.garmin.co.jp/
【ミノウラ】 http://www.minoura.jp/
【fabric】 https://fabric.cc/ja/
【和光ケミカル】 https://www.wako-chemical.co.jp/
【ParkTool】 https://www.hozan.co.jp/parktool/
【TOPEAK】 https://topeak.jp/
【CAMELBACK】 https://www.riteway-jp.com/pa/camelbak/bottle.html
【kleankanteen】 https://www.kleankanteen.jp/
【ABUS】 http://www.diatechproducts.com/abus/
【Knog】 http://www.diatechproducts.com/knog/
【CATEYE】 https://www.cateye.com/jp/
【ORTLIEB】 http://www.g-style.ne.jp/brand_detail.php?id=21
【rinproject】 https://www.rinprojectshop.com/
【Blackburn】 https://brand.intertecinc.co.jp/blackburn/
【CHROME】 https://www.chromeindustries.jp/
【STEMDESIGN】 https://www.stem-design.net/
【KAPELMUUR】 https://www.wave-one.com/shop/sp/


最後にクリックしていただけたら嬉しいです


にほんブログ村 アウトドアブログへ