minivelo randonnee field

ミニベロ ランドナーに乗ってあっちへこっちへフィールドを探す自然派サイクリニスト。自然観察、登山、サイクリング、キャンプなどアウトドアの情報や体験記を紹介。

KAMOYA Super Birdy Fsus Hard

いい走りとは、常に二手三手先を読んで行うものだ。

birdyはサスペンションがあることで段差の衝撃を吸収できるほか、車体が跳ねないため安定して走ることが出来るのですが、、、前々から不安に思っていたbirdyの走行時のよれる、ふらつく、ハンドルをとられることがドロップハンドル化したことでより増した感じでした。ネットをみていてフロントサスペンションのカスタマイズでなんとか改善できそうかなと。LORO*1からColorplus、しぶやでMulti-S*2など、フロントサスペンションは販売されてますが、オイルサスペンションなので高額。そこで取り寄せたのがKAMOYAのSuper Birdy Fsus H-ハード*3。KAMOYAはスプリング+エラストマーなので多少は手が届くお値段。

f:id:randonneefield:20210108141158j:plain
中川運河松重閘門
行きつけのショップへ行く途中でカスタマイズ後の全体像を写メ📷 もちろんショップで自分の取り付けたのを最終チェックしてもらいました。ドロップハンドルにあわせてfabricのlineをインストールしたのですが、僕にはあわないので帰宅後にもとにもどしました。ロングライディング+キャンピング仕様ならやはりブルックスなのかな?


カスタム

f:id:randonneefield:20210106203233j:plain
取り付けイメージ
写真は取り付けて前からみた感じです。これってデザイン的にどうなんだろう? って思ってたけど、あいますね。

f:id:randonneefield:20210106202753j:plain
パッケージ
パッケージをあけるとしっかり入ってます(あたりまえだけどw) 送料無料分で予備のFサス用エラストマーもあわせてお買い上げしました*4

f:id:randonneefield:20210106202838j:plain
新旧比較
フロントサスペンションを取り外すにはまずロックを解除し、サスペンションの中央から5mmの六角レンチを差し込んで緩んで外します。純正のサスペンションと比較すると長さが10mmはちがいますね。しかもダブルなので安定しそう。

f:id:randonneefield:20210106202913j:plain
取り付けボルト
ボルトの頭側にSワッシャー、バーディーFサス側に平ワッシャーを入れてフロントサスペンションを仮止めします。黒いやつはSワッシャーの下につけますがわれやすいので注意。

f:id:randonneefield:20210106203042j:plain
取り付け後の調整
最初に懸念していたのがシマノアルテグラ化したブレーキキャリパー(というより特殊なケーブルストッパー)に干渉しないかでしたが、、、結論から言うと干渉しませんでした(実は今回のカスタマイズでいちばん心配だったところ)。正直に言うとケーブルストッパーと干渉しないということで、ブレーキケーブルはスプリングの部分に触れてしまいますので神経質な方は避けたほうがよいかと思います。バーディーFサスのカップリングと純正のバネ受けが収まるように4mmの六角レンチで高さを調整するらしいけど…とりあえずの取り付けた状態はこんなものです。イメージどおりだけどバネ受けの収まりがうまくいかない…🥺

f:id:randonneefield:20210106202954j:plain
取り付け完了
なんとか試行錯誤して取り付けてみた🤔 ここまできてシマノアルテグラ化したことで干渉していたブレーキキャリアとフロントキャリアが干渉しなくなったことがわかりました😀 ちょっとメカメカしくなった感じです。カスタマイズの結果、どれくらいの効果があるのかは分かりませんがある程度安定すればよいかな。

f:id:randonneefield:20210106203640j:plain
走行時のイメージ
走行時のイメージはこんな感じかな? 見た目はぐっと引き締まります。とりあえず、一晩寝かせて考えよう。ちなみにリアサスペンションは今のとこ不満はないので純正パーツを使うつもりです🙄

さらなる軽量化
フロントサスペンションは折れると走行時にかなり危険なので頑丈に作ってある分重量は純正パーツの2倍にはなってます。軽量化を目指す方にはチタンシャフトをつけるカスタマイズもあるみたいですね*5。ただちょっと高いので軽量化は同時にお財布もかるくなる…




f:id:randonneefield:20210108141234j:plain
試走
取り付けて試走してみました。片手だったり、ハンドルポジションを変えたりするときにふらつきません。かなり安定したような気がします。ギアをトップにして走るときに段差でふらついていたのも解消されました。

ひとつだけ改善できないのがアルミフレームゆえの特徴。アルミフレームは軽いというメリットがありますが(10kgをきる体重)。”乗り心地が硬い”(ドロップハンドルでハンドルへの振動は改善されましたが)、“乗り心地悪い”はどうにもなりません。対してブロンプトンはスチールなので重いですが、フラットバーでもアルミフレームに比べて柔らかく比較的乗り心地良いと思います。ミニベロランドナーでロングライドならbirdyかBROMPTONか? 好み次第ですね😀

関連書籍


折りたたみ自転車で旅に出たくなる本 小さな自転車を大きく楽しむ! 、ヤエスメディアムック、八重洲出版、2020年2月



折りたたみ自転車&スモールバイクCUSTOM2021 世界に1台の愛車をつくろう 、タツミムック、辰巳出版、2021年1月



折りたたみ自転車&スモールバイクCUSTOM2020 理想の愛車に仕上げよう! 、タツミムック、辰巳出版、2020年1月



自転車日和 For Wonderful Bicycle Life Volume 52 (2019夏) ちょっと気になる折りたたみ自転車、タツミムック、辰巳出版、2019年7月



自転車と旅 Vol.1 総力特集出発進行!「輪行」の旅、実用百科、実業之日本社、2010年5月

Spec

Folded:60cm(H) x 34cm(W) x 72cm(L)
フレーム:birdy monocoque
ハンドル:SHIMANO PRO LT コンパクト ハンドルバー 31.8mm 420mm
ヘッドセット:internal 1-1/8" I/D 44㎜
リム:Alex DA16i
フロントハブ:birdy alloy hub 24H
リアハブ:Shimano 36H
フリーホイール:Shimano CS-HG400 11-32T
BB:integrated 68㎜
クランク:birdy
チェーンリング:Chainring Set 56T
リアディレーラーSHIMANO Sora GS 9S RD-R3000
シフター:SHIMANO STIレバー SORA ST-R3000
ブレーキレバー:Shimano BL-R3000
ブレーキキャリパー:SHIMANO ULTEGRA BR-R8000 リア用
タイヤ:Schwalbe Kojak 18x1.25
サドル:fabric RADIUS SCOOP
シートポスト:Alloy post 34.9×565㎜
ペダル:MKS UB-LITE Ezy ブラック
重量(ペダルは含まず)9.87kg

参考 birdy関連メーカーの公式ホームページ

【Pacific Cycle Japan】 https://pacific-cycles-japan.com/birdy/air.html
【SHIMANO】 https://bike.shimano.com/
【KAMOYA】 https://www.kamoya-ne.com/
【KMC】 http://mgc01.com/kmc/
【KCNC】 https://www.riteway-jp.com/pa/kcnc/
【三ヶ島製作所】 https://www.mkspedal.com/
【Joseph Kuosac】 https://josephkuosac.com/
【PRO】 https://www.pro-bikegear.com/
【GUEE】 https://guee.jp/
【CICLOVATION】 https://www.actionsports.co.jp/ciclovation.php
【GARMIN】 https://www.garmin.co.jp/
【ミノウラ】 http://www.minoura.jp/
【fabric】 https://fabric.cc/ja/
【和光ケミカル】 https://www.wako-chemical.co.jp/
【ParkTool】 https://www.hozan.co.jp/parktool/
【TOPEAK】 https://topeak.jp/
【CAMELBACK】 https://www.riteway-jp.com/pa/camelbak/bottle.html
【kleankanteen】 https://www.kleankanteen.jp/
【ABUS】 http://www.diatechproducts.com/abus/
【Knog】 http://www.diatechproducts.com/knog/
【CATEYE】 https://www.cateye.com/jp/
【ORTLIEB】 http://www.g-style.ne.jp/brand_detail.php?id=21
【rinproject】 https://www.rinprojectshop.com/
【Blackburn】 https://brand.intertecinc.co.jp/blackburn/
【CHROME】 https://www.chromeindustries.jp/
【STEMDESIGN】 https://www.stem-design.net/
【KAPELMUUR】 https://www.wave-one.com/shop/sp/



最後にクリックしていただけたら嬉しいです


にほんブログ村 アウトドアブログへ