minivelo randonnee field

ミニベロ ランドナーに乗ってあっちへこっちへフィールドを探す自然派サイクリニスト。自然観察、登山、サイクリング、キャンプなどアウトドアの情報や体験記を紹介。

アイリッシュコーヒー…酷寒であたたまる一杯

アイリッシュコーヒー(Irish coffee)は、コーヒーとアイリッシュウイスキーを使ったカクテルです。 アイルランドのシャノン空港が発祥だとか。第2次世界大戦後、大西洋横断航路ができ、シャノン空港が経由地になったのですが、当時は暖房が十分ではなく、経由のためによった空港も当時は水上飛行機で、待ち合いには水上からボートで移動。冬の寒さをしのぐため、考案されたのがこのカクテルなんだそうです*1


f:id:randonneefield:20210201003731j:plain



アイリッシュコーヒーにはアイリッシュウイスキーがはいらなければいけません。アイリッシュウイスキーでなければアイリッシュコーヒーにはならないようです。ちなみにアイリッシュウイスキーはスコッチよりも歴史があり、とても飲みやすいです。銘柄はいくつかありますが、ジェムソン*2がいいと思います。アイリッシュウイスキー…度数は40度はあります。一杯でほろ酔いどころかだいぶご機嫌になってしまうもんです。私はよくカルーアコーヒーもやってますが、テント泊で余裕があるならアイリッシュコーヒーですね。決して飲み屋で、女の子を酔いつぶしてムフフという下心いっぱいのカクテルではなく、酷寒の冬山で芯から温まるのと気が落ち着くための山男の飲み物なのです。コーヒーでなければ、牡蠣を食べたいなあと思うしろもの。あっ、牡蠣ならGuinnessかあ(笑)

材料

シェラカップで作る場合。シェラカップの目盛りを見ながら
アイリッシュウイスキー…30ml
コーヒーハイシュガー…8g
ホイップクリーム…適量
ホットコーヒー…適量

作り方

シェラカップにあついコーヒーを注ぎ、砂糖を加える。ここにアイリッシュウイスキーをいれてステアする。分量はここまででシェラカップの2/3くらい。ホイップクリームカップからはみ出るくらいなみなみと浮かべて出来上がり。


という簡単なものです。アイリッシュウイスキーを使わないとアイリッシュコーヒーにはなりませんので注意。アイリッシュウイスキーはジェムソンかブラックブッシュがおすすめです。砂糖のハイシュガーは、スタバにおいてある、そう茶色の砂糖です。コーヒーはローストを深煎りにするのがポイントです。イタリアンローストかフレンチロースト。もちろん、豆をコーヒーをいれる直前にヒキヒキします。パーコレーターでいれてます。最初にウイスキーをいれたシェラカップをバーナーにかけてあたためて砂糖をくわえてからホットコーヒーを注ぐやり方でもいいと思います←雰囲気はこっちのほうがあります。バーでは、アルコールをとばすというところもあるようです。女の子を落とすときはばっちりですね←アルコールをとばすと下心はかくれますが…。ホイップクリームは面倒くさいのでザーネワンダー*3を利用。気圧の関係で高山だと?

山男が冬山でまわしのみして体の芯からあたたまる一杯。ぜひお試しを。


ちなみに…アイリッシュコーヒーと同じ作り方でベースとなるお酒を変えれば別の名前になります。

アイリッシュミストコーヒー(Irish mist coffee):アイリッシュミストを加える
ゲーリックコーヒー(gaelic coffee):アイリッシュウイスキーではなくスコッチ
カフェロワイヤル(café royal):同じようにコニャック(Cognac)を使ったもの
スカンジナビアンコーヒー(Scandinavian coffee):同じようにアクアビット(Akvavit:ジャガイモのお酒)を使ったもの
ノルマンディーコーヒー(Normandy coffee).:引き続き同じようにカルバドス(Calvados:リンゴのお酒)を使ったもの

砂糖とホイップクリームをいれないものでは…
ハイランドコーヒー(highland coffee):コーヒー+スコッチ
イングリッシュコーヒー(English coffee):コーヒー+ジン
ルシアンコーヒー(Russian coffee):コーヒー+ウォッカ


飲んでみて、美味しいですよ。コーヒーの苦みとアイリッシュウイスキーがほどよく混ざりあってとっても深みのあるカクテルです。ただし、度数は40度ということをお忘れなく。







日本人の舌にはあわないかもです。自宅🏡でなら普通に生クリームを使って自作されるか…ザーネワンダーにバニラエッセンスを数滴加えるとましかもです。



最後にクリックしていただけたら嬉しいです


にほんブログ村 アウトドアブログへ

*1:【オンドリのしっぽ/第27回 カクテルは空を飛ぶアイリッシュ・コーヒーhttp://www.suntory.co.jp/wnb/essay/33.html

*2:【Jameson】 http://www.jamesonwhiskey.com/jp/

*3:【ザーネワンダー】 http://www.sahnewunder.jp/